Suicaチャージ還元対象外クレカでポイント還元を受ける方法【Apple pay】

節約

Apple Payの説明は今更不要でしょう。
私もApple payに通勤定期を登録してカバンから定期を出すとか、定期入れをポケットに入れるという煩わしさから開放され、(そこの部分だけ)快適な通勤ライフをおくっています。

Apple Payの定期券はiOSのWalletアプリや、モバイルSuicaアプリから継続購入ができ、券売機や窓口まで行かなくてもよいというメリットがあります。

だがしかし、ひとつ問題が。

Walletアプリ(Apple Pay)、モバイルSuicaアプリでクレジットカード決済をすると、多くのカードはポイントが貯まらないんです!
せっかく金額も高く、ポイントがたくさんもらえるに上に、会社勤めの方は会社からお金が支給されると思います。
それでポイントもしくは還元がゲットできるのであればノーリスクでリターンが帰ってくるんですけどね。

会社によっては横領になることもあるらしいので注意してください。
うちの会社はポイントとかマイルとか、そういう類はOKということになっています。

代表的なカードのSuicaチャージの還元はこのようになっています。

Yahoo! JAPANカード:1%還元(通常のショッピングと同じ)
リクルートカード:1.2%還元(ただし、月3万円まで)
REXカード:1.25%
ビューカード:1.5%(通常のショッピングは0.5%)
セゾンカード:0.5~1%
三井住友カード:対象外(Suica一体型は対象)
ポケットカード:対象外
楽天カード:対象外
Kyash:対象外

私は、主にkyashP-One Wiz(ポケットカード)、REXカードビックカメラSuicaカードを使用し、極力現金は使用せず、ポイントやキャッシュバックの還元を受けるようにしています。

メインカードは2%キャッシュバックを受けられる、プリペイドカードのKyashです。
これに、REXカードを紐付けて、ポイントとキャッシュバックの二重取りをしています。これがメインカードです。

ただ、Kyashはプリカなので、使用できない決済があったり、Suicaチャージはキャッシュバック対象外だったりします。

その場合、サブカードのP-One Wizを使用して、請求時に1%割引+0.5%ポイント還元の恩恵に与っています。
ただし、こちらもSuicaチャージは還元対象外です。

そのため、Suicaチャージについては、ビックカメラSuicaカードで最大還元率の1.5%ポイント還元を受けるようにしています。

基本的な考え方は、還元率の高さだけではなく、実際のキャッシュアウトが抑えることができるカードを使用しています。

Kyash:キャッシュバック
P-One Wiz:請求額から割引+ポイント
REXカード:請求額へのポイント充当
ビックカメラSuicaカード:JREポイントでSuicaへのチャージ

と言う感じです。

ポイントでいらない家電に変えてもしょうがないのと、ポイントには基本有効期限があるので、使いきれるようにしたいからです。

前置きが長くなりましたが、今回お話したいのは、Apple Pay定期券(モバイルSuica定期券)を購入するときに、どの様にしたら一番多くの還元を受けられるのかです。

Suicaチャージと表記していますが、これはApple Payアプリでの定期券購入と、モバイルSuicaアプリでの定期券の購入も含まれます。

つまり、アプリで購入するのであれば、私の場合ビックカメラSuicaカード一択になります。

しかし、JRの窓口もしくは券売機で購入すると、通常のショッピング扱いになって、ポイント対象になります。

じゃあ、ビックカメラSuicaカードで買えばいいじゃない1.5%だしという話になると思うのですが、
やっぱり、請求額から割引されるP-One Wizで少しでも家計へのダメージを少なくしたい!

まぁ、会社から支給されているのでダメージも何も無いんですけどね。。。
後から引き落とされると精神ダメージ大きいんですよね。

あと、今回はポケットカードのキャンペーンで、旅行代金や交通費(定期含む)を決済すると、抽選で10名に全額還元というキャンペーンも始まりました。

(このキャンペーン自体はモバイルSuica決済も対象です)

ポケットカード全額キャッシュバックキャンペーン

引用:https://www.pocketcard.co.jp/campaign/?id=742

キャンペーン期間:2019年2月15日~2019年5月6日

ちなみに、JRの窓口もしくは券売機はプリカのKyashも使えます。
ただし、Kyashには一回の決済金額が5万円までという制約があります。
私はそれ超えてしまうので、P-One Wizにしました。
悔しい。

で、次の問題。

JRの窓口もしくは券売機で購入する場合、Suicaが発行されます。
そしてデポジット500円が追加でかかります。

つまり、Apple Pay定期券(モバイルSuica定期券)と、Suica定期券の二重持ちになりますね。

それをApple Payアプリと、モバイルSuicaアプリに登録できるのか?
前の定期券は消せるのか。
デポジットはどうなるのか?

検証です。

Suica定期券を登録済みのApple PayにSuica定期券追加してみる

買ってきました!新規で定期券!!

Suica定期券

定期券クレジットカード利用明細

定期購入の時だけ、チャージ分もポイント対象に!

ついでに、最大金額チャージしてみました。

これは、定期券購入時にチャージもついでにできます。
この時にだけ、券売機でクレジットカード決済でSuicaチャージができて、さらには定期券の購入と合算されるので、ポイント還元対象になるんですってよ!奥さん!

クレジットカードで還元対象になっている

定期券の金額と、チャージ分も合算されて、定期券扱いになってる!
なので、1%割引対象と、ポイント対象になってます!!
(対象点数欄が1ですが、1ポイントって意味ではなく、対象という意味です)

Apple payへの登録

Apple payに登録してみました。

できたお!

Suica登録前後

登録前は元々登録されていたSuica一枚だけでしたが、登録後は二枚になりました。

どうやらApple Payのカードは登録上限が12枚(iPhone 7以前は8枚まで)らしく、クレジットカードもSuicaとかいう種別は関係く枚数をカウントするようです。

iOSの設定画面でも反映されています。

ios設定でもSuicaが反映

デポジットはSuica残高にチャージされる

デポジットの500円はApple payにSuicaを登録すると残高に追加チャージされます。

デポジットがSuicaチャージされる

1枚目登録したときにも同じだったはずなんですけど、忘れてました。

モバイルSuicaアプリも問題なし

モバイルSuicaアプリにも反映されていました。

モバイルSuicaアプリでもSuica二枚

有効期限を見てもらえればわかりますが、有効期限かぶっていますが、登録できました。

エクスプレスカードの設定を忘れずに!

Suicaが二枚になってしまうので、そのままだと、前のSuicaが使われてしまいます。
せっかく定期券買ったのに、設定を忘れて改札で「ピンポーン!」と鳴って、後ろの人にすごいいやーな顔されないよう、エクスプレスカード設定しておきましょう

結構忘れがちですが、Walletアプリや、モバイルSuicaアプリの中ではなく、iOSの設定画面ですよ

エクスプレスカード設定していないSuicaを使う方法

前のSuicaに残高が残っている場合、使い切りたいですよね?

でも、新しいSuica定期券をエクスプレスカード設定していると、そのままタッチするとその残高から決済されてしまいます。

その場合、Suicaを切り替えればいいんです。

カード切り替え方法

毎回、切り替える必要があるのが面倒ですが。。

モバイルSuicaアプリでクレジットカード登録を忘れずに!

モバイルSuicaアプリでは、登録Suicaとチャージ用クレジットカードは1:1の関係になります。

今回、Suicaを1枚追加しましたが、前のSuicaに登録してあるクレジットカードが引き継がれません。そのため、クレジットカードを登録しないとチャージできません。
(Apple payでのチャージは可能です。)

追加したSuicaにはクレジットカード登録がない

クレジットカード登録をするのを忘れずに!私はチャージ残高が無くなってからチャージしようとして気付きました。

電車乗る直前に気づいたので、まえのSuicaにチャージするハメに。。。

必ず登録を済ませておきましょう!

 

こんなことがあったので、エクスプレスカード設定はまだそのままにします。

Suicaの削除はまた追記しますね。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました